ふくろう好き技術者ブログ

ふくろう好きな渋谷にあるとある会社の技術者が綴る日常 と ボーイスカウトの休日

OSS 開発

vgimportclone ではまり。(CentOS 5.6 )

投稿日:

CentOS 5.6 で、内蔵ハードディスク(/dev/sda)上にある LVMパーティションのバックアップを外付けUSBハードディスク(/dev/sdc)に取得しようとして、以下の手順でやりました。

1. 外付けハードディスクのパーティション作成(2TByteのディスクなので parted を使用)

# parted /dev/sdc

2. dd コマンドで内蔵ディスクのパーティションを外付けにコピー

# dd if=/dev/sda5 of=/dev/sdc3 bs=1048576
# dd if=/dev/sda6 of=/dev/sdc4 bs=1048576

3. pvdisplay で確認。(PV UUID重複表示)
dd コマンドでコピーするとPV の UUIDまでコピーされてしまうので当然でる。

# pvdisplay -c
Found duplicate PV kpMxYIVredtV2Fi7oe5nKbmWBWO01w2A: using /dev/sdc3 not /dev/sda5
Found duplicate PV ir46qAWDfV5KaefqMQQIhObfP0w5MM36: using /dev/sdc4 not /dev/sda6


4. ここで、vgimportclone コマンドでPV UUID とVGNAMEの変更をしようとしたがエラー。

# vgimportclone /dev/sdc3 /dev/sdc4
Fatal: /dev/sdc3 is not in a VG.
#

あらま!
調べてみるとバグっぽい!!

Bug 697959

lvm2-2.02.84-3.el5 のバージョンで修正されている。
rpmコマンドで調べてみると、

# rpm -qa | grep lvm2
lvm2-2.02.74-5.el5_6.1
#

CentOS 5.6 の標準リポジトリに入っているもはバグ未対応でした。

lvm2と依存している上記のパッケージをpbone.net から取得して入れたところ、見事に解決です。

device-mapper-event-1.02.63-4.el5
device-mapper-1.02.63-4.el5
lvm2-2.02.84-6.el5_7

 

はまった~。けど解決できてよかった。

 

-OSS, 開発
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

Redmine + CVS はまりました! その後、Subversion に。

前回の記事 Redmine + CVS はまりました! の続きです。 前回までのまとめ、 【環境】 OS: CentOS 5.5 Redmine  1.0.11 (Bitnami版) CVS サーバ …

no image

CentOS 6 リリース!! #CentOS

CentOS 6 やっとこリリースされました。 こちらに情報あります。 RHEL 6(Redhat Enterprise Linux) リリースから遅れること8ヶ月。CentOSのRedhat互換路線 …

no image

Redmine + CVS はまりました!

Redmine + CVS はまりました! 自分の備忘録も兼ねてメモ。 【環境】 OS: CentOS 5.5 Redmine  1.0.11 (Bitnami版) CVS サーバ Ver 1.11. …

Instagram
2011年8月
« 7月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031