ふくろう好き技術者ブログ

ふくろう好きな渋谷にあるとある会社の技術者が綴る日常 と ボーイスカウトの休日

開発

Redmine + CVS はまりました! その後、Subversion に。

投稿日:

前回の記事 Redmine + CVS はまりました! の続きです。

前回までのまとめ、

【環境】

  • OS: CentOS 5.5
  • Redmine  1.0.11 (Bitnami版)
  • CVS サーバ Ver 1.11.2

【はまったこと】

  • リポジトリに CVS 選択、CVSROOT、Module に CVSROOT 直下のモジュール(ディレクトリ名) を設定しても、リポジトリが表示できない。
  • リポジトリを表示させようとすると、 500 Internal Server Error になる。
  • RedmineでCVSリポジトリ全体を一つのプロジェクトに設定したい場合、 Module 項目に何を設定すればいいか不明。

そんなこんなで、 Redmine + CVS は、相性が悪い印象です。

今回やりたいことは、Redmine で、CVSリポジトリの内容 + 履歴が見ることなので、CVSにこだわらずに Subversion ですすめることにしました。

【やったこと】

  • rsync で、CVSリポジトリの内容をコピー(これは不要かもしれませんが、CVSリポジトリのバックアップとCVSリポジトリを誤操作でこわさないために行いました)
  • cvs2svn で、CVSリポジトリ を Subversion のリポジトリに変換。(元のCVSリポジトリがShift_JISでコメントが書かれていたため、 以下のように指定。)

cvs2svn –fs-type=fsfs –encoding Shift_JIS -v -s  “Subversionリポジトリのディレクトリ”  “CVSリポジトリのディレクトリ”

  • Redmine のリポジトリ設定で、Subversionを選択、URLに、 file://Subversionリポジトリのディレクトリ、その他は空欄を設定。
  • この設定で、Redmine上でリポジトリが見れるようになりました。

    -開発
    -, , , , , , ,

    執筆者:

    関連記事

    no image

    vgimportclone ではまり。(CentOS 5.6 )

    CentOS 5.6 で、内蔵ハードディスク(/dev/sda)上にある LVMパーティションのバックアップを外付けUSBハードディスク(/dev/sdc)に取得しようとして、以下の手順でやりました。 …

    no image

    Redmine + CVS はまりました!

    Redmine + CVS はまりました! 自分の備忘録も兼ねてメモ。 【環境】 OS: CentOS 5.5 Redmine  1.0.11 (Bitnami版) CVS サーバ Ver 1.11. …

    Instagram
    2011年1月
    « 6月   5月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031