ふくろう好き技術者ブログ

ふくろう好きな渋谷にあるとある会社の技術者が綴る日常 と ボーイスカウトの休日

開発

Redmine + CVS はまりました!

投稿日:

Redmine + CVS はまりました!

自分の備忘録も兼ねてメモ。

【環境】

  • OS: CentOS 5.5
  • Redmine  1.0.11 (Bitnami版)
  • CVS サーバ Ver 1.11.2

【その1】

リポジトリに CVS 選択、CVSROOT、Module に CVSROOT 直下のモジュール(ディレクトリ名) を設定しても、リポジトリが表示できない。

ログファイル (redmineインストールディレクトリ)/apps/redmine/log/mongrel.3001.log を見てみると以下のエラーが出力されていた。

cvs rlog: Logging cvstest
Unknown command: `rls’

Redmine は、”cvs rlog ~” のコマンドを使うようで、 cvsサーバ側に、Ver 1.12 以上が必要だった!(rlogが使えるのは、1.12以降)

cvs-1.12.12-ximbiot.1.i386.rpm をダウンロードしてインストール。

【その2】

リポジトリを表示させようとすると、 500 Internal Server Error になる。

ログファイル (redmineインストールディレクトリ)/apps/redmine/log/production.log を見てみると以下のエラーが出力されていた。

Iconv::InvalidCharacter

元のCVSサーバのコメントが、Shift_JIS になっていたためUTF-8に変換できずにエラーとなっていたようでした。

Redmine 管理者ページより、 [管理] → [設定] → リポジトリ タブ を選択し、

  • :Shift_JIS
  • コミットメッセージのエンコーディング:Shift_JIS

として変換させないようにしてみた。

この設定で、リポジトリがなんとか表示されるようになる。

【その3】

RedmineでCVSリポジトリ全体を一つのプロジェクトに設定したい場合、 Module 項目に何を設定すればいいか不明。

→ ‘.’ を入れることで大丈夫そう!?

‘.’ を設定すると CVSROOT の表示はされるもののリポジトリページで配下のモジュールをクリックすると 500 エラーとなる。

‘.’ と同様に、 ‘/’  や、 ‘*’ 、” (シングルクォーテーション2個)、””(ダブルクォーテーション2個) でも同様なことが起こる。

※ うまくいかないときは、プロジェクト → [設定] → リポジトリ タブ → 削除 にて、毎回削除しています。

(次回につづく)

-開発
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

vgimportclone ではまり。(CentOS 5.6 )

CentOS 5.6 で、内蔵ハードディスク(/dev/sda)上にある LVMパーティションのバックアップを外付けUSBハードディスク(/dev/sdc)に取得しようとして、以下の手順でやりました。 …

no image

Redmine + CVS はまりました! その後、Subversion に。

前回の記事 Redmine + CVS はまりました! の続きです。 前回までのまとめ、 【環境】 OS: CentOS 5.5 Redmine  1.0.11 (Bitnami版) CVS サーバ …

Instagram
2011年1月
« 6月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031